事業案内

当社では、熱利用に特化した乾燥チップの供給事業体を全国各地に設立する「ご当地森林エネルギープロジェクト」を展開しています。
松枯れ材や支障木など、FIT認定から外れてしまった未利用の木質資源を地域内で有効活用することと、バイオマスの熱利用を進めるにあたって課題となっている乾燥チップの供給拠点を増やし、小規模分散型のバイオマス熱利用を推進することを同時に実現していく新しいビジネスモデルです。


ご当地森林エネルギー事業のスキーム

 


現在稼働中のご当地森林エネルギープロジェクト


「佐久森林エネルギー株式会社」 「松本平森林エネルギー株式会社」

 


林業に関わる事業者のゆるやかな連携を紡ぎ、各事業者の得意分野を結び付けて木質資源を有効活用。一連の事業化を図ります。


<事業者例>
 ●地域の森林組合
 ●素材生産業者
 ●チップ生産者
 ●製材所
 ●造園会社
 ●運送会社、土建業など


こんな悩みはありませんか?


 ◎未利用の木材があり、持て余している…
 ◎伐採時の末木枝条や製材端材は、毎回有償で捨てている…
 ◎松枯れ材や支障木などFIT材としては価値のない木材がある…
 ◎小規模な木質ボイラ需要に対してチップ供給するのは収益が見込めない…
 ◎チッパがないから事業化できない…
 ◎そもそも乾燥チップってどうやって作るの…

ラブ・フォレストでは、これまでの木質エネルギー分野での経験や実績を元に、事業をシステム化、計測システムや遠隔監視を活用しつつ、ご当地森林エネルギープロジェクトの収益性を確保します。


これにより…


 ◇原料、生産、運搬、エネルギー化への道筋を作り、最小限の投資で収益を生む事業
 ◇非FIT材の未利用木材、地域資源の活用
 ◇コスト・供給量ともに、地域への安定した燃料供給
 ◇化石燃料からの代替によるCO2排出削減
                                を実現します。